まつ毛育毛剤の容器
美容クリニック
形の違うまつ毛
違いに気づいた女性
まつ毛育毛剤の容器 美容クリニック 形の違うまつ毛 違いに気づいた女性
【目次】

女性が行うメイクにおいて、最も重要だとされているのが目元で、アイメイクの出来不出来が、仕上がりを大きく左右するといっても過言ではありません。
そのアイメイクの中心となるのがまつげで、目を縁取るように生えているまつげを、より強調させることがポイントで、太く、長く、ふさふさに演出することができれば、目は大きくパッチリと見えます。

まつ毛を手入れしている女性では、どうすればまつげをボリュームアップさせられるのか、その方法としては、マスカラやつけまつげ、エクステなど様々ありますが、そのようなアイテムを使うよりも、天然の美しいまつげを手に入れるために、まつげ育毛剤を使ってのケアがおすすめです。
素顔でもお人形のようにはっきりとした目元になれ、ナチュラルメイクで勝負できるようになります。

まつげ育毛剤を使うことでメイクがラクになる

メイクでまつ毛が輝いている女性毎朝、アイメイクにかなりの時間をかけている、という女性も少なくありませんが、女性の朝は忙しく、他にもしなければならないことは山ほどあります。
まつげ育毛剤で毎日お手入れをしていくと、次第にまつげが伸び、太くなっていくので、マスカラを何本も使って盛り付ける必要がなくなり、一本一本のまつげが太く際立つようになるので、アイラインを引く必要もありません。

最近では、マスカラにもいろいろな種類が増え、機能性も高まっているので、上手に使いこなせば、驚くほどボリュームアップが期待できる商品もたくさんあります。
しかし、何本も重ね塗りをしなければならないとなると、塗る時間と乾かす時間が必要で、時間がなく急いでいる時など、下まぶたについてしまったり、何度も修正をするうちに、まるで虫の脚のように太く、もさもさに仕上がってしまうこともあり、これでは美しいまつげとは言い難いです。

まつげ育毛剤は、夜寝る前に使用するだけで、長さ、太さ、量が変わり、自然とボリュームアップされるので、マスカラいらずで、まるでつけまつげやエクステンションを装着しているような目元になります。
下向きに生えている癖を、上向きにカールさせるだけでまつげメイクが完了するので、アイメイクの手間が大幅にカットでき、朝の貴重な時間を有意義に過ごすことができるでしょう。

まつげメイクは、盛り付ければ盛り付けるほど、当然ながら崩れやすくなってしまうという難点があり、時間が経つと、自分では気が付かないうちに、下まぶたが真っ黒になってしまっていることもあります。
これはどんなに優れたウォータープルーフタイプのマスカラを使っても同じで、程度の差はありますが、目の下が黒くなることにストレスを感じている女性は少なくありません。

育毛剤を使えばメイクは必要ない

まつげ育毛剤を使ってケアをするようになれば、まつげ自体に何も塗る必要がなくなるので、どれだけ激しくまばたきをしても、汗をかいても、目をこすっても、恥ずかしい思いをすることはなくなります。
一日中、すっと伸びた、まるで西洋人形のような魅力的な目元を維持することができます。

マスカラと同じく、時間がかかるのがアイラインで、より、目を大きく見せるための必須アイテムとなりますが、左右対称にラインが引けなかったり、まつげの生え際ぎりぎりにラインが引けず、違和感のある仕上がりになってしまったり、年齢とともに老眼が始まれば、アイラインを引くことも困難をきたすようになる女性もいらっしゃいます。
まつげ育毛剤を使ってまつげを太くさせれば、まつげとまつげの間の隙間が埋まり、密度が高まるので、面倒なアイラインも必要ありません。

自然とまつげの存在感が増し、目が際立つように濃くなるので、アイシャドーを塗る程度でアイメイクが完了させられ、塗りこんでいない分、よれたりにじんだりすることもないので、お化粧直しの手間も省けます。
目元はどうしても涙に触れやすい部分で、まばたきなどでも動きやすいので、朝、どれだけ手間と時間をかけて完璧に作りこんでも、昼頃には落ち出してしまい、顔が薄くなってしまうという悩みを抱える女性も多いですが、まつげ育毛剤でのまつ育ケアなら、すべてが解決します。

女性の本音としては、メイクで仕上げた顔が綺麗だと言われるよりも、素顔がキュートで素敵だと言われたいものです。
男性の多くは、年齢に関係なく、女性の盛り付けメイクに良い印象を持っていない方がほとんどで、まばたきをするたびににじむマスカラや、目の周りをぐるりと囲むアイラインに、表情が分からなくて怖いと言った感情を抱いているケースも少なくありません。

まつげ育毛剤で自まつげを育て、キュートな素顔美人を目指し、ナチュラルで清潔感のあふれるメイクにイメージチェンジを図りましょう。
いつでも自信をもって、人と目を合わせられるようになります。

まつげも髪の毛と一緒なのか年齢で変化する

まつげも髪の毛やその他の体毛と同じで、年齢とともに、毛質も変わっていってしまいます。
次第に細く、弱々しい毛質となるため、全体の印象も薄くなってしまうので、髪の毛にケアをするように、まつげにも専用のケアが必要です。
まつげ専用に開発された育毛剤を使えば、健康で丈夫なまつげが育つようになり、さらに、生まれながらのもともとの長さをはるかに超えて伸びていくので、まつげに関する様々なコンプレックスが、すべて解消できます。

年齢を重ねて、弱くなってしまっているまつげに、濃いまつげメイクを施すと、当然ながら負担が大きくなってしまい、大切な自まつげは深刻なダメージを受けてしまいます。
まつげが貧相になってきたからと、さらに盛りつけることを繰り返していくうちに、正常な毛周期のサイクルで毛が育たなくなり、どんどん貧弱になってしまう、という悪循環に陥ってしまう前に、地まつげをしっかりとケアするべきです。

せっかく育ちかけた産毛のようなまつげも、すぐにまた、強力マスカラやつけまつげ、エクステンションなどをのせられてしまうと、耐えきれずに抜け落ちてしまい、このようなことを繰り返していけば、やがて毛母細胞へのダメージが回復せず、もう生えてこないことになりかねません。
年を取るとともに、髪の毛を労わるようにまつげも労わってあげることが大切なのです。

加齢の兆しがもっとも現れやすい部分は目元で、年を重ねていくとともに、目が小さくなってきたように感じている女性も多いと言われています。
これは、前述したように、まつげの質が変わってきていることも大きく影響しており、弱々しいまつげでは、たるんできてしまった上まぶたを持ち上げることができなくなり、目の上が落ちくぼんだように見えることが原因です。

決して、目のサイズ自体が変わっているわけではないにもかかわらず、ぱっちり感がなくなると、どうしても、眠たそうに見えてしまったり、意地悪そうな顔立ちに見えてしまい、見た目年齢もぐっと引き上がってしまいます。
まつげ育毛剤でまつげをボリュームアップさせれば、しっかりとまぶたの重みに耐えられるようになり、上向きにぐっとまつげを癖付ければ、皮膚も持ち上がり、目は格段に大きく見えるようになるでしょう。

年を重ねた大人の女性に取って、まつげ育毛剤を使ったお手入れは、まさに目元のアンチエイジングケアといっても過言ではなく、地まつげが変わることで、若いころのようなぱっちり感が蘇り、生き生きとした表情に見えるようになります。
まつげがくるんとカールして、目が大きく見えれば、それだけ人の視線は顔の上部に惹き付けられるので、たるんだ口元も目立ちにくくなるという錯覚効果も期待できるでしょう。

加齢がすすむと毛周期サイクルが乱れやすくなる

年を取るにつれて、まつげが抜けやすくなり、なかなか生えてこなくなってしまっているように感じている女性も多く、これも、加齢による毛周期サイクルの乱れです。
まつげ育毛剤を使うようになると、遅れがちな毛周期のサイクルを促進させる作用が働くので、抜け落ちてもすぐに元気な毛が育つようになり、毛、そのものがしっかりとしてくるので、次第に抜けにくくもなっていきます。

まつげメイクで酷使をすることもなくなれば、新たなダメージを与えずに済み、美まつげをずっと維持できるようになります。
強力なアイテムでまつげを装飾していないので、クレンジングも必要なく、目元をごしごしとこする必要もなくなれば、小じわやたるみも予防できます。

まつげも髪の毛と同じように考えれば、毛に与えてしまったダメージは美容液でカバーすることはできますが、毛質自体が変化し、細くなってしまっている場合には、毛母細胞からアプローチし、必要な栄養を毛根に与え、毛が育つプロセスを見直すことが求められます。
髪の毛の育毛剤同様に、まつげにはまつ毛育毛剤を使いましょう。

まつげをキレイに伸ばしたいなら早めに寝る

健康的なまつげの生え代わり周期を取り戻したいなら、専用の育毛剤を使うこと以外にも、気を付けなければならない点があります。
まつげ育毛剤の効果を最大に発揮させるためにも、就寝時間の確保は大切で、寝不足は美まつげの大敵です。
特に、まつげが成長するといわれている、夜十時から深夜二時にかけてのゴールデンタイムには、できるだけ眠るようにするために、早寝を心がけましょう。

まつげが成長する時間帯に、明るい光線の下で活動していると、日中に与えてしまったダメージ回復を遅らせ、毛母細胞に悪影響を及ぼします。
早寝の習慣は肌に良いと言われているように、まつげに対しても同じで、一日、外部の刺激にさらされ、まばたきの振動に耐え、かなりの疲労がたまっているので、まつげ育毛剤の有効成分をしっかりと毛母細胞に行き渡らせるためにも、たっぷりと睡眠を取り、休息させてあげなくてはいけません。

さらに、毛を育てるミネラル成分を含む栄養バランスの良い食生活を送り、毛周期のサイクルを乱れさせないように、ストレスを溜めない生活を送ることも大切です。
つまり、まつげを美しく育てるために気を付けなければならない注意事項とは、そのまますべて、美肌や美髪を育てることにもつながり、ひいては、健康な肉体と精神を維持させることにもつながるのです。

まつげの育毛剤を使っていても、あまり変化がないなと感じている方は、ぜひ、日常生活の習慣を見直してみましょう。
正しく使用していけば、大半の方が短期間で、大きな変化を実感できるはずです。
寝不足は、老廃物がきちんと排出されなくなるので、顔のむくみにもつながり、目元もすっきり見えなくなってしまいます。
乾燥も進めてしまうので、刺激に弱くなり、まつげも抜けやすくなってしまうなど、まつげの成長を妨げてしまいます。

まつげの毛周期サイクルを狂わせる原因

また、まつげの毛周期サイクルを狂わせる原因に、摩擦による刺激もあり、目元をこする癖のある方は要注意です。
特にコンタクトレンズ使用者や、アレルギー体質の方に多いと言われていますが、目をこすることで、生え始めの産毛のようなまつげを抜いてしまっているケースもあり、同じように、就寝時に寝具に顔をこすりつける癖のある方や、下向きの姿勢で眠っている方も、まつげの成長に取ってはあまり良くありません。

早めに眠るという事と並行して、美しいまつげを育てるためにも、まつげに負担のない生活を送るように気を付けましょう。
まつげの生え代わりの周期は、髪の毛よりも遅く、約三か月ほどかかると言われています。
まつげ育毛剤を塗ることで、正常なサイクルで生え代わりをするように働きかけていても、与えるダメージが強すぎていては、意味がなくなってしまうので、濃いメイクを控えるのと同じように、悪い習慣や癖はなくすように努力することも大切です。

出来る限り、繊細なまつげに、摩擦を与えないようにするとともに、成長を促す養分を与え、その効果が最大に発揮できるように、健康なまつげが育つ環境を整えてあげることができれば、いくつになっても、若々しく美しいまつげが手に入れられます。

さらに、就寝中の育毛剤の浸透を良くするためにも、目元のメイクは綺麗に落としてから塗布すること、寝ている間に取れてしまわないようにするためにも、しっかりと溶剤が乾いたことを確かめてから眠るようにすることなども大切なポイントです。

まつげ育毛剤を正しく使用していけば、寝ている間にぐんぐんまつげが急成長を遂げ、どんどん目元は濃く、はっきりとした印象を与えるようになり、素顔でもぼやけた顔に見えません。
素顔とメイク時とのギャップにコンプレックスを抱くこともなくなり、まつげアイテムにかけてきた費用と時間が大幅に節約でき、日常生活の質は格段に向上すると言っても過言ではありません。
幅広い年代の女性に取って、最も推すべき美容ケアです。

関連記事