欧米人と日本人のまつげの違い

女性にとってメイクは関心が高い話題の一つですが、特にまつげは念入りにメイクしたいパーツ。
形の違うまつ毛しかし、欧米人のまつげと違って、日本人のまつげの特徴は、カールの度合いが少なく、長さについても短い場合が多くなっています。
もともと、欧米人と日本人とでは、まつ毛の生え方や密集度についても特徴が違います。

欧米人と比べて日本人は、まつ毛の生え方を比較すると、2割程度まつ毛の量が少ないです。
具体的な本数としては、日本人の平均が両目で100本前後に対し、欧米人のまつげは120本前後。
本数の違いは密集度の違いも生み出します。

日本人は女性のまつげの長さは、平均しておよそ6.8mm前後。
これに対して、欧米人の女性のまつげは、およそ8.1mm前後です。
つまり、欧米人女性のまつ毛は、日本人女性よりも平均して1mm以上も長いことになります。
「たった1mmだけの差では」と思われるでしょうが、まつ毛にとっての1mmの差は、予想以上に大きく、目が与える印象はかなり変わってきます。

実際には、成長速度についても日本人と欧米人には違いがあり、日本人のまつ毛の成長速度が、1日あたり0.1mmから0.18mmの長さに対し、欧米人の場合はその2倍ほど。
しかも、成長期をキープしているまつ毛の本数が多く、まつ毛の成長期間も日本人より長いとされています。

また、まつ毛の質は髪質との間には密接な関係があり、日本人の多くは直毛のまつ毛が多いです。
一方、欧米人のまつげはカールがかかり、自然にくるんとしています。
特に、アフリカ系およびラテン系の欧米人の方々は、ビューラーが必要ないくらいカールが付いたまつ毛がかなり多いです。

その上、角度についても、日本人は平均して81度前後で、下向きにまつ毛が生えています。
欧米人の場合は、平均で102度前後とされており、ビューラーをわざわざ使わなくても、もともと上向きのまつげの方が多いです。
さらに、骨格の違いで目のくぼみ方も違うため、自然にくるんとしているケースが多くなっています。

まつげ長く見せるためのメイク方法

日本人女性が、欧米人の女性のように印象的なまつ毛になるには、まつげを長く見せるメイク方法があります。
基本的に、まつげにボリュームを持たせながら長く伸ばし、上向きにカールする方法が欧米人に近づくメイク方法です。

また、マスカラを利用して大きな目を演出するためにも、毛の長さがある程度必要になるでしょう。
逆に、毛の長さをある程度出せれば、マスカラを効果的に塗ることが可能になり、毛の太さにボリュームを出して、パッチリしたアイメイクになります。

まずは、マスカラよりもアイメイクを最初に済ませましょう。
マスカラを先に塗った後にアイメイクを施すと、カールあるいはマスカラが落ちてしまうことがあるので、アイメイクを先に済ませることがお勧めです。

まつげの長さを際立たせるためにも、アイラインは重要。
リキッドアイライナーを使って引けば、印象的な目もとを演出できます。
ポイントは二段階に分けてラインを引いていくこと。
最初にまつ毛の隙間を埋める感じでラインを入れ、その後にまつげの上から引いていきましょう。

ビューラーはドライヤーで温めておきます。
こうするとカールがしっかり付きやすくなるからです。
マスカラ下地を使用した方が、マスカラが綺麗に塗れる上にカールを長時間キープする効果もあります。

一番大事なのがマスカラですが、まつ毛を長く見せるにはマスカラ選びも大切。
お金をそれほどかけずに、毎日メイクで補うにはつけまつ毛や繊維入りマスカラが有効です。
マスカラにはロングタイプを選んで下さい。

最も大事なのはマスカラの塗り方です。
マスカラを上手く塗っていくポイントは、事前に大きいサイズと小さいサイズのビューラーを二本使って、まつげを全体的にカールさせること。
ビューラーで丁寧にカールさせましょう。

マスカラはまつ毛の根元部分にしっかりブラシをあてて、左右方向にジグザグに動かしながら、まつ毛の毛先へと塗っていきます。
ジグザグに動かすことで、ダマにならずにまつ毛の一本一本に絡みやすくなります。

続いて、まつ毛の上側にも、マスカラブラシを180度回転させるようにして毛先へと付けていけば、より長いまつ毛に。
この時、カールさせるように上に持ち上げるように付けていくのがコツです。

関連記事