ルミガンは皮膚科や美容外科で買うと高い

ルミガンは、もともと緑内障用目薬として利用されてきた薬だったのですが、ルミガン利用者の間でまつげが多毛化してきたという症例が多く報告されたことから、緑内障用目薬という利用方法以外にもまつげ用の育毛剤としても利用されるようになりました。
緑内障用目薬として利用する場合には眼科で処方してもらうことになりますが、まつげ育毛剤として使用してみたいという場合には美容外科クリニックや皮膚科クリニックで手に入れることができます。

ただし、美容を目的としていることから厚生労働省から認められていない治療となるので、保険適用外となって実質的な医療費の支払いは高額になってしまいがちです。
また、自由診療となるのでクリニックによっても料金に違いが生じることになるので、クリニック選びも重要になってきます。
さらに、クリニックで処方していもらうということは医師の診察を受けなければならず、ルミガンの薬代以外の費用も高額になってきます。

クリニックで薬を出してもらうということは、医師の判断によって出されることになるので、診察が行われるために診察料がかかります。
また、薬を出すための処方料であったり、初めてであれば初診料がかかることになったりと、何かと費用を負担しなければならない項目が増えてきます。
しかし、クリニックで買わなければこれらの費用は0ということになります。

日本では、ルミガンを手に入れるにはクリニックのみということが法律で定められているのですが、海外からであれば手に入れることができます。
個人的にルミガンを海外のショップから輸入するとなると、関税の手続きなど初心者には難しくなりますが、輸入代行を利用してみると煩わしい手続きをしてもらうことができ、結果的に支払うことになる金額を事前に明確にしてくれるので安心です。

ただし、海外の物でもあるので品質の保証はありません。
自己責任で使用することになるので、トラブルが発生してしまうリスクは高くなります。

まつ毛も植毛できるが難しい技術で料金も高い

ルミガンは、美容外科クリニックや皮膚科クリニックに行くと手に入れることができますが、美容外科クリニックになるとまつげ植毛の施術も行っていることからカウンセリングですすめられることがあるかもしれません。
まつげ植毛をしておけば、もうまつげの長さやボリュームに悩むこともなく、まつげケアのために時間を取られることもなくなります。

しかし、まつげ植毛は厚生労働省には認められていない保険適用外の治療でもあることから高額な料金が必要になるので、一般の人では予算の面で難しくなってきます。
また、まつげ植毛は日帰りの手術としても利用することができますが、その後には一週間から二週間ほどの期間で目元に腫れや痛みといったダウンタイムが続くことにもなるので、仕事をしている人であれば他の人に何かしたのではないかと分かってしまうという面でも難しくなってきます。

目元は、1ミリでも形が違うことによって人から見られた時の印象が大きく変わることになり、人と会話をするときにも視線を合わせることになるので、目元の印象はとても重要です。
しかし、魅力的な目元にするために今後のことを考えた植毛であっても、難しい技術でもあるので失敗してしまう可能性も持っています。
高い料金にプラスして高いリスクまで抱えなくてはならないまつげ植毛よりも、ルミガンであれば安心して始めることができます。

ルミガンは、外科手術でまつげ植毛をした時のように劇的にまつげを多毛化させることはできないものの、ゆっくりと自然に育毛することができます。
人から見られても違和感がなく、いつのまにか魅力的な目元に仕上げることができます。
抜け落ちてしまったまつげだけでなく、もともと本数が少なく短いという人でも効果を発揮します。

関連記事