まつげの美容液とまつげ育毛剤の違い

目元、特に睫毛の量や長さといったトラブル緩和に良いとされるものにまつげ美容液や育毛剤が挙げられます。
両者は目元の毛を育て、ハリやコシができ瞳を大きく見せる効果があると言われマスカラを初めとしたアイメイクが簡単に済みます。

違いに気づいた女性しかし育毛剤と美容液では違いがあり、まず使用目的から異なり前者の場合生まれつき睫毛の量が少ない人が使うべきの商品です。
そもそも睫毛は外部からの異物を瞳に入らないようにシャットアウトする、つまり犬や猫で言えばセンサーの役割を担うヒゲのようなものです。
また睫毛は目に必要不可欠な水分の蒸発を防ぐ働きも持ってます。
実際適切な長さの睫毛があれば、約50%もの水分蒸発を防ぐと言われます。

ちなみに適切な長さは瞳の長さの3分の1とされ、もし上記のように生まれつき量が少ないとドライアイのような不調を引き起こすでしょう。
この理由から睫毛の量を増やす効果を持つ育毛剤が必要であり、まつ毛育毛剤は医療用で使用されるので市販で入手ができないです。

この育毛剤は元は緑内障の治療に使われてたもので、医療用なので効果が早い段階で期待ができます。
一応、日本では海外製品のものなら育毛剤を入手可能とされますがあまりおすすめできません。
海外製品のものに多く含有するビマトプロストが関係しており、これは目元の血行を良くして発毛促進を目指します。

けれどもビマトプロストには目の周りの色素沈着という副作用の恐れがあり、使用したいのなら医療機関で処方されるべきでしょう。
この他、ビマトプロストではないですがまつ毛育毛剤の多くは目の下のたるみを引き起こすと言われます。
なのでまつ毛の状態が普通であり、ハリやコシをつけたい人はまつげ美容液の方が適してます。

まつげ自体に明らかな不調がある人に発毛促進作用のある育毛剤が良く、出産や妊娠、抗がん剤の副作用によってまつ毛貧毛になってる状態も当てはまります。
医療用に作られた育毛剤と異なり、まつげ美容液は何が目的でしょう。

若い子の間で人気のまつげ美容液って何?

まつげ美容液は美容目的に作られたもので、元ある毛を太く長くしたり脱毛しにくくするといった綺麗にする働きを持ってます。
極端に睫毛に不調がない人は美容液を使用するべきであり、育毛剤と異なり副作用も少ないです。
美容液にはコラーゲンやヒアルロン酸など化粧水に含有されることの多い成分があります。

この他ワカメやコンブといった天然成分が含まれており、急激な効果はないものの肌に優しいものが多いです。
実際まつげ美容液をマスカラを塗る前の下地として使うケースもあり、睫毛自体を傷みにくくするためにおすすめでしょう。

睫毛は加齢によって成長ホルモンが不安定、マスカラやビューラーを多量に使用すると抜けやすくなります。
こうした人は美容液が有効だと言えます。
スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラムは、かつて殿堂入りをした美容液がパワーアップしたものです。
この商品はラベンダーエキスを初めとした保湿、天然成分が含有されてます。

この他界面活性剤やアルコール、合成香料といった毛に負担のかかる成分を避けており目元に優しくまつ毛の健康を目指せる商品です。
スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラムは1日2回、朝と晩に塗り1つの商品あたり約2ヶ月分の量があるとされます。
前の商品は殿堂入りを果たしましたが、この美容液自体は4年連続で1位をとる実力があり睫毛に悩みを持つ人に良いでしょう。

ちなみにスカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラムではないですが、まつげ美容液には育毛剤ほどではないですが目の痒みや充血などの副作用があります。

しかしこれらは用法を誤ったことで発症することが多く、規定に外れた使用は避けるべきです。
またより睫毛に効果を与えるためには睡眠不足や偏食のような成長ホルモンを阻害する生活習慣は控えるべきです。

関連記事