お肌のケアに一番必要なことはクレンジング?

肌のケアで一番重要なのは洗顔とクレンジングだといわれています。
毛穴に皮脂や角栓が詰まってしまうと皮膚のバリア機能が低下して乾燥や紫外線の刺激をダイレクトに受けてしまい、肌が乾燥して保水力が低下してしまうからです。

メイク汚れも肌の老化を引き起こす原因になりますし、トラブル肌の原因になります。
ニキビや吹き出物ができやすくなり、炎症を起こした肌にメイクやクレンジングで刺激を与えることで肌が黒ずんだり、くすんだりしてぐっと老けこむことになります。
健康的な肌を維持するためには保水力とキメが整っていることが重要な要因となります。

保湿成分を肌に浸透させても保水力が低下していればすぐ乾燥してしまいますし、肌細胞をつなぐ肌組織のつなぎ目が緩くもろくなってしまい、肌に炎症が起きたり、皮脂が分泌されすぎたりします。
お肌ケアには水分の保持力と分泌される皮脂とのバランスが整っていなければなりません。

毎日のお肌ケアではメイク、クレンジング、洗顔を正しく行うことで水分と皮脂とのバランスを整えることができるようになります。
クレンジングでは肌をこすりすぎない、肌に刺激を与える成分が入っているクレンジング剤を使わないといった配慮が必要ですし、メイクも毛穴に入り込むような分子量の小さすぎるものを避け、光の乱反射で自然に素肌っぽく見える軽いメイクをすることが肌への負担を減らすことになります。

そして何より洗顔で毛穴の汚れをきれいに落とし、水分と油分を適切に補給することが肌の状態を左右することになります。
就寝前は成長ホルモンが分泌されますから、肌のバリア機能を高め、肌のターンオーバーを正常化させることにつながります。
就寝前には丁寧に洗顔をして水分補給をすることが翌朝の肌に違いをもたらし、老けこむ原因となる乾燥を防ぐことになります。
吹き出物、ニキビは肌に炎症がある証拠なので肌を清潔にして水分と皮脂とのバランスを整えることが必要になります。
健康的な肌であれば吹き出物やニキビができてもすぐに治りますし、跡も残らずきれいになります。

角栓を取り除くことで健康的な肌になる

洗顔では顔をすっきりさせることや目を覚ますことが目的にされがちですが、丁寧に洗顔することで皮脂が詰まった角栓を取り除き、黒ずみやくすみを減少させることができます。
黒ずみやくすみ、ニキビや吹き出物などのトラブルがあるとクレンジング剤でごしごしと肌を摩擦してしまいがちですが、もともと肌のバリア機能が低下していることが原因でトラブルが生じているため、洗浄力の強いクレンジング剤で摩擦をするのは肌を乾燥させてより弱くしてしまうことになり、トラブルが悪化してしまう結果になります。

アミノ酸系の洗浄剤や天然成分の洗浄剤をたっぷりと泡立てて毛穴を優しく洗い、角栓に皮脂が詰まらないようにすすぎをたっぷりとしておくことが大切です。
タオルも柔らかいものを使い、水分を吸収させるようにぽんぽんと優しく押さえるようにして使います。
毎日の洗顔を丁寧に行うだけで高額なエステや化粧品よりも長期的に見て健康的な肌が手に入ることになります。
詰まってしまった角栓や開いてしまった毛穴は鏡をみるたびがっくりとして老けこむ原因になってしまいがちですが、できてしまった角栓や毛穴はできるまでの時間よりも治るまでに倍の時間がかかるということを覚悟してゆっくりと対応するべきです。

最先端美容のコスメでは細胞間脂質や真皮層にまで成分が届くものがあり即効性が高いですが、使いすぎるとやはり肌のバリア機能が低下してしまうことになります。
あまりに効果が高いものを使うのを避け、天然成分でじっくりと肌に向き合うことが大切です。
肌の健康を取り戻すためには年齢とライフスタイルに合ったお手入れをすることも重要ですし、肌の黒ずみや毛穴の開きがひどいようであればエステでプロのケアを受けてみてある程度肌の状態を良好にするという手段も有効です。

関連記事